PC OneFlow

プロダクションの最適化・自動化を支援。
オープンに、ダイナミックに、全てのプリントデバイスを繋げます。

プリントニーズの多様化による多品種生産、それに対応する印刷技術・デバイスも進化する中、印刷現場では正確、効率的、高品質なプロダクションを実現することが求められています。

「Webサイトからの注文手配がボトルネック」「多品種少ロット生産をもっと効率的な運用にしたい」「サイトやサービス毎にワークフローが存在し状況を把握するのが大変」など印刷現場ではいろいろな課題を抱えています。

PC Oneflowは様々なサイトからの大量注文を一元管理し、様々なデバイスとオープンに連携。プロダクションの最適化・自動化を実現し、稼げるデジタルプリントプロダクションの構築を支援します!

Web To Printサービスを提供されている印刷会社様、実際にWebTo Printプロダクション運用される現場責任者・担当者様のプロダクション効率化、最適化に関する様々なお悩みをPC OneFlowが解決します。

印刷処理の効率が上がらない

少ロット多品種注文では印刷・加工処理の効率が上がらない。実際にWebTo Printサービスを始めたものの1件1件の注文毎に手配処理をしていてもっと合理的に処理したいということはありませんか?

PC OneFlowならプロダクト情報を登録し、同じ仕様の商品をまとめて面付け印刷することが出来ます。

生産状況が把握出来ない

生産状況がリアルタイムで把握できないので、生産調整がしにくい。生産状況が見えないため、リアルタイムで把握したいということはありませんか?

PC OneFlowならサービス別、日別、プロダクト別で進捗状況をリアルタイムで表示 します。

顧客毎に個別のワークフローが出来ている

Web To Printサービスを提供しているものの、サービスや顧客ごとにワークフローが存在し運用がバラバラになってしまっているということはありませんか?

PC OneFlowならすべてのサービスの注文情報を一元管理し、生産拠点やデバイスなどの違いを気にせず一括手配することが可能です。

お客様を協力に支援するPC OneFlowの機能の一部をご紹介します。

一元管理

全ての受注情報を一元管理

全てのジョブ情報を表示します。同仕様のジョブをソートしグルーピングしてジョブパッケージを作成し生産する事で、ジョブパッケージによる最適化されたプロダクションを実現します。

一元管理
生産予測

生産予測・ボリュームの把握

デバイスの稼働状況を把握する事で、生産キャパシティを判断する事が出来ます。これにより受注ボリュームに対して、高いレベルでの生産予測を実現する事が可能です。

生産予測
自動化

ワークフローを自動化

ワークフローを自動化/半自動化する事で、人的なタッチポイントの削減による運用の効率化、リードタイムの短縮、品質の安定、SLAの担保を実現します。

生産予測
見える化

バーコードでのトラッキング

バーコド処理により、運用負担の増加は最小限にしつつ、ジョブの進行状況のリアルタイムでのトラッキング、見える化を実現します。

生産予測
デバイス
非依存

デバイス依存を回避

ユニバーサル指示フォーマットJDFに対応し、デバイスに依存しないスケーラブルなワークフローの構築を実現します。

生産予測
プリプレス

多彩な面付けフローに対応

ギャンギングによる用紙面積の有効活用などフレキシブルな面付けにも対応します。また、加工機とのJDF連携も実現します。

生産予測